クレジットカードおすすめ比較ガイドについて

大きなお買い物やネットショッピングの支払い等の際にクレジットカードの利用は非常に便利ですが、クレジットカードの利点はそれだけではないことをご存知でしょうか。クレジットカードには還元率によるポイントの付与があり、これを利用することでをよりお得にお買い物をすることができるのです。

楽天カードや三井住友カード、セゾンアメックスカード、ダイナースカードなど有名なクレジットカードがあります。カード会社によっても提供しているサービスが異なるため、実際に利用するときの利便性等を考慮したうえで選ぶ必要があります。また、同じカード会社であってもその中でゴールドカードやプラチナカードなどカードにもランクがあります。ランクによってサービスが異なってくるのはもちろんのこと、同じランクでもカード会社の種類によってサービスが異なるため、クレジットカードの利用を考えている方はこうした点からも比較してみるとよいでしょう。

こちらのサイトではカード会社、そしてカードのランク別でそれぞれのカードの還元率など、クレジットカードの選び方について触れていきます。クレジットカードを作りたいと考えているけれど何が自分に適しているか分からない、という方はぜひ参考にしてみてください。

ぜひ持ちたい!憧れの
クレジットカード

  • 楽天ブラックカード

    楽天カードでも最上位のカードとして有名な楽天ブラックカード。インビテーションのみで発行されているステイタスカードです。楽天カードは通常のカードでも特典が多く魅力的ですが、さらにブラックカードだけ受けられる特典もありステイタスカードとして魅力満載です。

  • セゾンプラチナアメックスカード

    楽天カードでも最上位のカードとして有名な楽天ブラックカード。インビテーションのみで発行されているステイタスカードです。楽天カードは通常のカードでも特典が多く魅力的ですが、さらにブラックカードだけ受けられる特典もありステイタスカードとして魅力満載です。

おすすめしたいクレジットカードの選び方

クレジットカードはただ料金の支払いに使用するだけではなく、様々な活用方法があります。少しでもお得に利用したいと考えているのであれば、カードを作る際にどんなところで使えるのか、どのように使えるかなどを考慮して選ぶのがおすすめです。

クレジットカードの選び方(その1)

年会費でカード会社を比較!!

クレジットカードには、加入する際に入会金や年会費を支払う必要があるものもあります。近年では年会費が無料のもの、格安のものなど様々な種類が出てきているため、より手軽にカードを利用することができるようになってきています。

ではこの年会費の有無にはどういった違いがあるのかというと、年会費が高額なものほど手厚いサポートが受けられるようになります。もちろん年会費無料のものでもポイント付与などのサービスを行っているところがありますが、一般ランクのものとゴールドカードとを比較するとそこには十分な違いがあります。
例えば年会費が1万円のゴールドカードを保有していた場合、年会費として支払った1万円以上のポイントが返ってくることがあります。これはポイントの付与率にもよっても変わり、年会費が高いものは付与率も高いものが多くなります。もちろん還元率にもかかわってくるため、カードを選ぶ際の大きなポイントになります。単純に年会費が安いからというだけではなく、いかにお得に利用できるかという点を考えて選ぶことがおすすめです。

年会費が初年度だけ無料のカードや、年会費の他にもカードの発行手数料がかかるカードもあります。カード会社や種類によって異なるため、こうした点も理解したうえで比較するようにしましょう。

クレジットカードの選び方(その2)

還元率で比較しよう!!

クレジットカードを利用することでポイントが貯まる、という言葉を耳にすることも多いですよね。還元率とはクレジットカードで支払いを行った金額の総額に対して、何%分のポイントが付与されるかどうか、ということを示します。
ポイント還元率が1%となっているカードがあったとすると、そのカードをは100円の支払いごとに1ポイントが付与されるという仕組みになっています。この還元率が高ければ高いほどお得にポイントを貯めることができるため、カード選びの際は還元率をしっかりと確認しましょう。

例えばポイントで100円分貯めたいという場合、1ポイントを1円として利用できるものであれば100ポイントを貯める必要があります。1%の還元率のカードの場合100ポイントを貯めるためには100円÷1%=10,000円の利用が必要になりますが、還元率が5%のカードであった場合は100÷5%=2,000円の利用で済むのです。1%と5%というと大した差ではないように感じるかもしれませんが、高額の商品を購入する際のことを考えるとより還元率が高いものを使ったほうがお得ですよね。

年会費やカードの種類、ランクによっても還元率は異なるため、ポイントを利用してお買い物をしたいと考えている方は還元率が高いものを選ぶのがおすすめです。

クレジットカードの選び方(その3)

利用する用途でカード会社を比較!!

いかに自分の利用用途に合ったクレジットカードを選ぶか、という点で選ぶこともおすすめです。せっかくポイントを貯めても、そのポイントを利用しなければ意味がありません。そもそもカードが使える店舗を利用しない場合、せっかくの機能もうまく使いこなせていないことになります。

ポイントをそのままお金として使用できるものもあれば、商品券やギフトカードに交換してもらうことができる、年会費として流用できるというものもあります。他にも一定ポイントを貯めることで特別な商品と引き換えられる、というサービスを行っているカードもあります。商品券などに引き換える場合、5,000円のギフトカードを1,000ポイントで引き換えることができるなど、1ポイントを1円として利用するよりもよりお得になる場合もあるのです。商品券に引き換えることでより多くの店舗で使用することができることもあるため、ポイントをどのように活用できるかもしっかりと考えましょう。

その他にもクレジットカードで支払いをするだけで料金が1%引きになる、というようなサービスを行っているカードもあります。ポイントを貯める制度ではなく、そもそもの支払い金額を抑えるという方法です。クレジットカードを頻繁に利用せず、ポイントが貯まらない、という方はこういったサービスのあるカードを選ぶのがおすすめです。

クレジットカードを選ぶ際に抑えておきたいポイント

国内だけでクレジットカードは500以上もの種類がありますので、はじめてのクレジットカードを作ろう考えている方はもちろん、そうでない方もを選択肢の多さに迷うことも多いと思います。
そんなとき、選ぶポイントになってくるのが、各カード会社によって用意されている特典になります。
様々な視点から特典について見ていきましょう。

クレジットカード選びのポイント(その1)

カードを作成すれば受けられるサービスがある!!

クレジットカードを選ぶ際のポイントは、何と言っても使用者のカードの使用用途にあっているかどうかが重要になってきます。いくら他人がオススメしていても、利用しないサービスや必要のないサービスが付与されていてはあまりメリットはありません。自分の利用方法に適したクレジットカードかどうかを判断するようにしましょう。

例えば、手厚いサービスの付帯されたクレジットカードが良いのであればゴールドカードやプラチナカードがあります。年会費が必要となりますが、それ以上の質の高いサービスが受けられるという点が大きなポイントになってきます。プライオリティパス(空港ラウンジの無料利用)や高額の旅行傷害保険の付帯等、通常のカードよりも優遇されます。
他にも、出張の多い方や旅行の好きで飛行機移動が多いようであればマイルのポイントが貯まりやすい航空会社系のクレジットカードでポイントを貯めて、貯まったポイントで無料の航空チケットを手に入れるということも可能です。

どういった時にクレジットカードを利用したいのかを念頭に置いて考えると、おのずと自分のカードに必要な特典は絞られてくるでしょう。

クレジットカード選びのポイント(その2)

ポイントの貯め方!!

クレジットカードのポイントの付与の方法は、お買い物の際のカード使用で貯まるということは一般的です。日々の生活で食事の際の支払いや、ネットでのお買い物などカードを利用することでどんどん貯まります。

もし、決められた店舗での利用が多いようであれば、その店舗に特化したカードをつくることをおすすめします。

・ネットでの買い物の頻度が多いようなら、楽天カードやAmazonの買い物に特化したカード。
・車での移動が多いようであれば、ガソリン代が割引される石油会社系のカード。
・TポイントやPontaでのポイントを貯めているのであれば、クレジット付帯のカードに切り替えるとそのポイントも貯まりやすくなる。

見逃せないポイントとしては、クレジットカード作成時にある程度まとまったポイントが付与される点です。カード会社によっては頻繁にカード作成キャンペーンを行っているので、作りたいカード会社が決まったらキャンペーンをしていないか要チェックです。普段以上のポイントが一気に付与されることもありますよ。

クレジットカード選びのポイント(その3)

貯まったポイントで、好きなものに交換や現金の代わりに使えることも!!

貯まったクレジットカードのポイントですが、使わないままではもったいない。いろいろなものに交換できるのをご存知でしょうか。一般的なところでは、各会社ごとに用意されている商品や商品券・ギフトカードになります。

カタログをめくり、何に交換しようかと思案するのも楽しいですが、気に入ったものがなければ、比較的交換率が良いと言われる楽天スーパーポイントやTポイントをはじめとする電子マネーへの交換もおすすめです。これらであれば、身近な買い物で使用することも、ネットでの買い物に使用することもでき使用用途は広がります。

折角貯まったポイントですので、忘れず使うようにしましょう。ポイントには有効期限が設けられていることが多いので毎月の利用明細をよく見るようにし、うっかり失効してしまわいよう注意しましょう。

新着記事一覧