「おまとめローンの審査が心配。でも、どこに行けば審査が通りやすいのかわからない」というあなたへ

うさこは債務整理についての経験談を紹介したり、債務整理の一歩手前で毎月ばらばらとやってくる請求書をまとめて状況を把握しやすいようにおまとめローンの紹介をしています。実際のところ、直接ご相談のメールをいただくことも少なくありません。

特に、おまとめローンのお申し込みの際の、審査に関するご相談メールがとても多いのです。

消費者ローンには総量規制があります

銀行にお勤めの友人から聞いた話ですが、個人向けのローンを申し込む際には総量規制という規制の対象になります。俗にいう3分の1ルールというのがあります。

たとえばおまとめローンのお申し込みを考えていらっしゃる方のご年収とローンの年間支払い総額を比較して、ローンの年間支払い総額が年収の3分の1を超えている場合、ふつうにおまとめローンの申請をしに金融機関に行ったとしても門前払いに近い扱いを受けてしまう可能性が非常に高いのです。

審査通りそうな方まで躊躇していることが多いです

うさこのサイトに限らず、いろんな金融会社さんのおまとめローンや債務整理の情報提供をしていらっしゃるサイトが数多くあります。ですから、一般の方でもスマホでネットを検索すればそれなりの情報は得られるようになりました。

ですから、収入面でまだ3分の1ルールに抵触していない、余裕のある方であれば心配なく自然体で金利水準、申し込み基準、審査基準に合ったおまとめローンを選べばよいと思います。

ですが、ギリギリな方、あるいはグレーもしくはブラック判定になりそうな方の場合ですと、ネットに氾濫している情報が逆効果となり、不必要にネガティブな心理状態にさせられてしまって金融機関の門をたたくこともできずにうさこのような一個人の経験者のところに相談にいらっしゃったりするようです。

ぎりぎり、グレー、ブラック系のかたのなかには、ちょっと状況を教えていただいただけで「それはささすがに借りすぎなのでは・・・・」という方や、年収以上に借りてしまっていす方、多重債務者の方、自己破産レベルの方からのご相談もあります。

そのレベルまでよく借りられるなぁ、とうさこは逆に感心してしまうこともあります。
自己紹介や体験記にも書きましたが、わたしも自転車操業でA社からローンを借りてB社の返済に充てるといったことを繰り返していた時期がありまして、そこそこのところで力尽きて任意整理に至ったのです。

情報の洪水に惑わされないで

ネットの世界は情報洪水の側面もありまして、何の根拠もなくネット屋さん、WEB屋さんが金融業者さんなどから頼まれて広告サイトを量産していたりする側面もあるのだそうです。審査が厳しい、厳しくない、審査に落ちた、あそこは審査が甘いとか甘くないとか通りやすいとか、そういった難易度に関する情報が大量に流通しており、ローンの整理にお悩みの方ほどまじめにすべての情報に目を通してしまうからでしょうか。

ふつうに申し込めば審査通るでしょ?という方までこの世の終わりといったトーンでうさこのところにメールで相談をしてきます。

もったいないです。

おまとめローンに関していえば、審査は確かに厳しいのですが、仮に年収の3分の1を超えている状況でも、金融機関は機械的にそこで審査落ちとはしないのです。銀行も他の金融機関や消費者金融としても、彼らはお金を貸すのが仕事ですから、ご本人の属性、これまでの返済履歴に問題がない方であればなんとかして貸出できないか、社内であれこれ議論するものなのだそうです。

仮にいま数多くの金融機関・消費者金融から融資を受けている方であっても、金利が高いにもかかわらず延滞もめったにせずにこつこつ返し続けている方であれば金融機関から見ると信用のおける方ということになり、審査は通りやすくなります。

総量規制の枠外にあるおまとめローン そのぶん審査が厳しい

おまとめローンはそもそも、3分の1ルールの枠外で貸し出しを行うことのできるローンですから、3分の1ルールに抵触している方であっても審査は可能なのです。もともとそのような方たちのために作られたローン商品ですから、当然です。

仮に1社に断られたからと言って絶望する必要はありません。

金融機関は季節や期末前か否か、今期の収益状況など総合的な理由で貸し出しを緩和したり絞ったりします。ですから、1社に断られたからと言ってそれはたまたまその会社さんにあなたが申し込んだ時点でその会社さんの基準に合っていなかっただけです。他の金融機関はそれぞれ独自に審査しているので、1つ目の銀行の低金利のおまとめローンにいって断られたからと言って絶望する必要はありません。むしろ複数、銀行も消費者金融も幅広く当たっているうちにローン審査が通ってしまった方たちを少なからず見ております。

一般的には銀行より消費者金融のほうが審査がゆるめです。したがって審査通過率は高くなります。とはいえ延滞履歴などは厳しく見ますので、その点は銀行でも消費者金融でも延滞のある方は苦戦することと思います。